• ホーム
  • ホーム
  • フェア
  • 倶楽部
  • レシピ
  • リンク
  • コンタクト

食百科:「おでんの由来と変わりダネ」

まだまだ寒い日もありますね。温まるおでんは良質のたんぱく質が豊富で、低カロリーです。 皆様の好きな具は何ですか?

「おでん」という言葉の語源は何ですか?
 味噌田楽の発展形だといわれます。田楽に味噌をつけて食べるのではなく、あらかじめ醤油で煮込むスタイルで、江戸時代、庶民の屋台料理として人気になりました。田楽→おでんと呼ばれるようになり、単に田楽といえば、それは味噌だれをつける「味噌田楽」の呼び名になりました。江戸から上方へ伝わった際には、関東からの煮物のため「関東炊き」とも呼ばれるように。ちなみに、韓国でも「オデン」があります。魚のすり身を揚げたものが多いですね。串に刺されていますよ。

<食文化>

 地域の面白いタネはありますか?
 おでんは、大変地域性に富んだ料理です。鰹だしや昆布出汁などの出汁の違いや、醤油、みりんの味付けの地域や、静岡の鶏ガラと黒醤油、愛知県は八丁味噌味など味付けもいろいろ。種も地域色がありますね。九州は、“餃子”を入れたさつま揚げが定番です。一口食べると、中からトロトロに柔らかくなった餃子がお目見え!関東のはんぺん、関西の牛スジ、海沿いでは貝を入れたり。沖縄ではやはり?豚足入り!私は自宅では、まるごとトマトやセロリ、ピーマンを入れて、野菜たっぷりの自家製おでんを作ります。甘みが増して、野菜嫌いのお子様でも嫌がらずに食べられますよ。

ページTOPに戻る