• ホーム
  • ホーム
  • フェア
  • 倶楽部
  • レシピ
  • リンク
  • コンタクト

食百科:「桜餅の豆知識」

春になると季節を感じる和菓子も華やぎを増しますね。桜が咲く旬に桜餅を食べるのも日本人の粋です。

<マナー>

 桜餅の桜の葉は、食べてもいい?
 桜餅は、塩づけした桜の葉でくるみますが、どんな桜でもいいってわけじゃないんです。毛が少なくて大きなオオシマザクラがベスト。せっかくの和菓子が毛羽だっていたら台無しですものね。伊豆半島の松崎町で多くが栽培され、中でも餅をくるむだけの大きな葉が選ばれます。さて、食べるかどうか?ですが、葉には食品添加物に認定されていない香り成分のクマリンがあります。ですから、食べても良いですが、食べなくてもオッケー。食べる場合は、葉脈が切りにくいですね。外すと、簡単に左から黒文字で一口大にきれに切れますから、気取った席?では、そのほうが無難かも(笑)。葉は、小さくまとめて皿の奥へ置いておくと美しいですよ。

<食文化>

 桜餅と道明寺餅はどう違うの?
 クレープ状の皮で餡を包むタイプと、道明寺粉を使った結び型の桜餅があります。クレープ状の桜餅は、小麦粉と餅粉か白玉粉なので、粉の種類がまず違います。クレープ状の桜餅は江戸風桜餅ともいわれ、向島の長命寺の門番の人が、寺の前でふるまったのがきっかけと言われています。隅田川沿いに多くの桜が植わっていたので、その桜の葉を用いて作る菓子とともに花見をしたそうですよ、昔から日本人は桜が大好きなのですね。それが上方へ伝わり道明寺粉の桜餅にアレンジされたという節もあり。道明寺粉は、もともと武士が戦場へ簡易食として持参した干したもち米とのこと。今では高価なので、江戸風桜餅より高値なことも多いですね。

ページTOPに戻る