• ホーム
  • ホーム
  • フェア
  • 倶楽部
  • レシピ
  • リンク
  • コンタクト

食百科:「夏バテ&食中毒予防」

夏のイメージが強いけれど、実は食中毒は、9月が一番多いんです。
夏の疲れがたまっていて、普段は大丈夫な食べものでも、体が対応できないことも多いんです。

かといって食べやすい麺類やお茶漬けでおしまい!もNG。
炭水化物だけでは「乳酸」という疲労物質が出て疲れが取れにくいと言われます。
元気を出すためには、たんぱく質も必須。生肉は避けて、良質の肉類、魚、豆、卵を!
夏バテしないことも、この時期の食中毒防止に繋がりますよ。

また、食べている時に「やだなあ」と感じたら食べないこと。
無理して食べずに、自分の感覚を信じてみてくださいね。

ファイルアップロード: 

ページTOPに戻る